美肌の秘訣〜美肌は生活改善から〜

安眠のためには生活習慣の見直しが大事

寝る寸前まで、パソコンをしたり、テレビを見たりしている人も多いと思いますが、
寝る前に明るい画面を見ると寝つきが悪くなります。
なかなか眠れないので、眠くなるまでパソコンをしようと思う事もあるかもしれませんが、
それはますます不眠へと導かれます。

 

熟睡するためには、寝る前の準備をすることが必要です。
不眠気味の人は、室内環境を整えましょう。
明るい光は脳を活性化させてしまうので、寝る1時間くらい前からは照明をくらめにし、
窓には厚手のカーテンをかけ、屋外の明るさや騒音をシャットアウトしましょう。

 

生活習慣の見直しも必要です。
寝る直前までのパソコンやテレビは脳を刺激してしまいます。
カフェインが含まれる飲み物を飲むのもよくありません。
寝酒は、寝つきはよくなりますが、夜中に目が覚める原因にもなるので、
かえって眠りの質が悪くなります。
また、翌朝の朝ごはんを買いに行こう!など、
深夜のコンビニも厳禁。
コンビニのまぶしい照明は脳を活性化させてしまいます。

 

眠れない時には、眠れないことを気にし過ぎない事も大切です。
布団に入ってから何時間も寝付けないという人がいますが、
脳波をとって調べてみると、断続的に眠っていることが多いものです。
眠り秦野に眠れないのは誰にもあることなので、あまりに気にしないようにします。
眠れないことを気にしすぎてしまうと、不眠恐怖症に陥ってしまいます。

寝つきを良くする方法

寝つきを良くするためには、色々な方法があります。
自分に合っている方法で、寝る前の環境を作ってみましょう。

 

リラックスできる環境を作りましょう

 

ぐっすり眠るためには、リラックスすることが大切です。
ラベンダーなどの精油の香りを炊いてみたり、
リラックスできるツボ(うなじの両側にある筋肉の外側・後頭部の髪の毛の生え際辺り)を押してみるのもよいでしょう。

 

寝る前にお風呂に入りましょう

 

また、体温が下がる時に深い眠りに入りやすいので、
体が冷える前に布団に入るのも一つの方法です。

快眠のための環境づくり

快眠のためには、寝室の環境を整えることが大切です。

 

照明

 

眠る時の明るさは、なるべく真っ暗にしましょう。
睡眠を促すメラトニンの分泌を活発にするため、
寝る地時間ほど前から室内を暗めにしておくと良いですね。

 

服装

 

パジャマは、体を締め付けないデザインのものを選びましょう。
吸湿性がよく、肌ざわりがよいものに、冷え症の人は上衣の裾をズボンに入れましょう。

 

カーテン

 

カーテンは、厚手のカーテンがおすすめです。
外の騒音や屋外の明るさをしっかりさえぎりましょう。

 

 

枕は、体に合うものを選びましょう。
仰向けに寝たときに、首のカーブが自然に立っているときと同じ状態になるものが理想的です。
不自然にあごをひいたり、逆にあごが上がってしまうものは避けましょう。

 

布団

 

布団は、お休みの日に干してふっくらさせると気持ちが良いです。
夜、疲れた体を横たえた時に、気持ちが良いと感じる布団で寝ることが大事です。