美肌の秘訣〜美肌は生活改善から〜

美肌のためには規則的に寝る

平日は、仕事や人との付き合いで忙しく
なかなか早く寝ることができないので、週末にたっぷり寝だめをしているという人もいます。
ですが、寝だめをすると、それなりに疲労を解消することはできた感じがしますが、
一週間分の肌の再生をすることはできません。
実際、寝だめをしている人や、夜更かしをしている人は肌も荒れ気味です。
肌の老化を防ぐためには、規則的な睡眠が必要です。
肌のターンオーバーは、眠っている間に行われます。
ですが、細胞の生まれ変わりが特に活発になるのは、
睡眠の最初の3時間ですから、この3時間が勝負です。
股、睡眠時間の長さに比例して肌の修復が進むわけでもありません。
食事であれば、前日の野菜不足を翌日に補うことはできますが、
まとめて長時間眠ったとしても、美肌効果を期待することはできないのです。

 

また、週末の寝だめによって、不健康を招きます。
寝だめがきっかけとなって睡眠のサイクルが狂い、不眠の原因になることがあるので注意が必要です。

 

睡眠のサイクルは人の体に備わっている体内時計によってコントロールされています。
ですが、不規則な眠り方を続けていると、体内時計の働きが乱れます。

 

就寝時間と起床時間は休日であっても一時間以上前後しないように、
規則正しく眠ることが必要です。
そして、理想的な睡眠時間は6時間から7時間で、特に最初の3時間をぐっすり眠ることができるようにしましょう。
6時半におきるのであれば、遅くても0時30分ごろには眠りたいですが、
理想としては、22時半頃に眠り6時ごろに起きるという睡眠サイクルを目指したいものです。

 

また、夜寝るのが遅くなった時も、朝寝坊をしないようにし、
いつもの時間にいったん起きるようにし、
睡眠サイクルを乱さないようにする事も大切です。
睡眠時間が足りないと感じるのであれば、午後、1時間以内の昼寝をしてみてはいかがでしょうか。

睡眠のリズムを整えるためには

毎日忙しく、なかなか規則正しい睡眠時間がとれないという人も多いですね。
ですが、ヒトは生まれながらにして、1日25時間の体内時計をもっています。
この体内時計は、実際の一日の間に一時間のズレがあるので、
ヒトはどうしても遅寝遅起になってしまいがちです。
体内時計を正しく機能させ、美肌をキープし、肌の老化を防ぐためには、
毎日朝陽を浴びて、同じ時間に体内時計をリセットすることが必要です。
体内時計は毎日リセットしないと、生活時間がどんどん後にずれてしまいます。

 

朝陽を浴びると、脳を覚醒させる脳内伝達物質・セロトニンの分泌が活発になり、
一日に備えて体が活動モードになります。
そして、活動モードになってから14時間くらい経つと、
睡眠を促す脳内伝達物質、メラトニンの分泌が活発になり、
体が休息モードになります。

 

朝は、8時までにおきましょう。

 

休日であっても、朝は8時までにおきましょう。
夜更かしをした休日も、午前中布団の中で過ごすというようなことはNGです。

 

寝る時間・起きる時間を同じにしましょう。

 

起きる時間、寝る時間は、なるべく同じ時間にするようにしましょう。
平日、休日などに関わらず、1時間以上は前後しないようにしましょう。

 

規則正しい生活をしましょう。

 

睡眠時間を同じにするだけでなく、食事や活動、休息など、生活全般のリズムを整えることが大切です。
体内時計の働きを整えるためにも、木側正しい生活をすることは必須です。