美肌の秘訣〜美肌は生活改善から〜

更年期について

閉経を迎えるのは個人差がありますが、多くは50歳ごろです。
閉経をまたぐ10年程が更年期と呼ばれますが、
更年期には女性ホルモンの分泌量やバランスが大きく関わるので、
不快な症状に悩まされる人が増えます。

 

更年期に見られる症状は、冷え症、のぼせ、頭痛、肩こりなどがありますが、
対策としては運動を心がけること、冷えを防ぐことなどがあります。
ですが、症状の現れ方には個人差があります。

 

更年期の症状が辛い場合は、治療が必要になります。
病院では、病状や体質にあわせて自律神経を整える薬や漢方薬、
ホルモン薬などが処方され、心理的な症状に対してはカウンセリングが行われます。

 

また、自らの生活の工夫をして更年期を乗り切っていく事も必要です。
生活の工夫で、更年期をすこしでも楽に乗り切りましょう。

更年期に見られる症状の例

メンタル系

 

イライラ、無気力、落ち込み

 

神経系

 

めまい、頭痛、耳鳴り

 

泌尿器系

 

頻尿、残尿管、排尿痛、尿漏れ、繰り返す膀胱炎

 

生殖器系

 

膣カンジダ、陰部の乾燥

 

自律神経系

 

のぼせ、ひえ、ほてり、動悸、息切れ、不眠

 

運動器系

 

肩こり、首凝り、腰痛、関節痛

 

肌・髪

 

シミやシワなどの肌老化、肌の乾燥、髪が減る

更年期障害の治療法

対症療法

 

更年期の症状に合わせた薬で辛さを和らげる処方をします。

 

漢方療法

 

症状や体質に合わせた漢方薬で、体全体の調子を整えます。

 

ホルモン療法

 

女性ホルモンを補充し、ホルモンバランスを整えます。