美肌の秘訣〜美肌は生活改善から〜

運動をして肌老化をストップ

運動は苦手なので、特に何もしていない、
痩せなくてもいいので、運動はしたくないという人もいます。
ですが、体を動かさないと、肌代謝が下がるので、老化が加速してしまいます。
肌老化を食い止めるためにも、適度な運動は必要です。

 

健康でキレイな肌を守るために、適度な運動を欠かすことは出来ません。

 

運動は痩せるために行うものというイメージがあります。
確かに運動をすると、エネルギーが消費され、痩せることができるのですが、
体を動かすことのメリットはエネルギー消費だけでなく、
血行促進効果や、ストレス解消効果などがあります。

 

運動をすることによる肌にとっての最大のメリットは、血行が促進されることです。

 

血行がよくなれば、肌細胞にも酸素や栄養がたっぷり送られ、
ターンオーバーが活発になり、肌の老化が予防できます。
血行不良による青グマや、くすみを予防し、改善し明るい肌を作ります。
また、ストレスによる大人ニキビや肌荒れを改善し、
ニキビ跡を予防することもできます。

 

運動をすることによって、成長ホルモンやセロトニンなどの分泌も促されます。

 

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、肌のターンオーバーに関わる物質です。
つまり、適度な運動をしてしっかり眠ることによって肌の生まれ変わりが活発になり、
肌の再生力が高まります。

 

セロトニンは、心の安らぎを生み出す脳内伝達物質です。
ストレスによって精神状態が不調になっている人、イライラしがちなひと、
不眠、肌荒れなどに悩んでいる人も、運動をしてセロトニンの分泌を高めると良いでしょう。

 

運動を続ければ、筋肉が鍛えられ、筋肉量が増えれば自然に基礎代謝も高まります。
基礎代謝量とは、安静にしていても自然に消費されるエネルギーのことですから、
太りにくい体質を作ることが可能になります。

 

何もしないでいると、自然に筋肉が落ちて血行が悪くなり、太りやすくなります。
適度な運動を習慣にしていきましょう。