美肌の秘訣〜美肌は生活改善から〜

ホルモンバランスが肌状態を左右

生理不順だけれど、生理の回数が少ないほうが楽なのでそのまま放っているという人がいます。
ですが、生理のリズムに関わっている卵巣機能は、肌年齢に直結しています。

 

女性ホルモンが、生理の周期をコントロールしています。
この女性ホルモンとは、卵巣から分泌される「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と
「エストロゲン(卵胞ホルモン)」で、プロゲステロンは生理の前に分泌量が増え、
エストロゲンは生理の後に分泌量が増えます。
このようにホルモン分泌の変動により、肌や体に変化が起こります。

 

生理前に肌の調子が悪くなるのは、プロゲステロンが皮脂の分泌を増やすからです。
むくみやのぼせ、便秘などの生理前の症状も不快ですが、
これらの症状もプロゲステロンの働きによて起きているものです。

 

このプロゲステロンに対して、エストロゲンは肌の調子を良くするホルモンです。
エストロゲンは、老化の原因となる活性酸素を除去し、
コラーゲンを増やして肌の水分を維持し、ハリを保ちます。
また、髪の毛を豊かにしたり、ボディラインを女性らしく整え、
精神を安定させます。
このようにエストロゲンは、肌のコンディションを整えるので、
「若返りのホルモン」と呼ばれています。

 

しかし、若返りのホルモンも年齢を重ねるに連れて卵巣機能が低下するので、
分泌が低下してしまいます。
エストロゲンの分泌が低下すれば、生理の周期が乱れますし、
コラーゲンが減り、肌老化も進みます。
また、イライラしたり落ち込んだり、精神的に不安定になったり、
髪の毛が薄くなったり記憶力が低下します。

 

ホルモンバランスを乱さないためには、心身ともに健康的な生活を送ることが大切です。
生理の周期が乱れたり出血量が前より減ってしまったという場合は、
早めに婦人科を受診するようにしましょう。

 

このように、女性は生理周期と肌の状態には密接な関係があることが分りました。
ホルモンバランスの変化は、肌にも影響を及ぼすので、
それぞれの時期や肌に合わせたケアを行い、肌トラブルや老化を防ぐことが必要です。

 

皮脂の分泌を促すプロゲステロンが増える生理前は、
ニキビに悩まされたり、シミができやすくなったりします。
肌が敏感になっているので、保湿を中心としたシンプルなスキンケアがおススメです。

 

生理の後は、エストロゲンの分泌量が増えるので、肌の調子もよくなります。
この時期に美白やアンチエイジングなどの積極的なケアを行うのがおススメです。

ホルモンバランスの変化

生理中

 

黄体期の影響を引き摺る不安定な肌です。
後半に向かえって調子がよくなっていきます。

 

生理後

 

生理が終わり排卵日までは、エストロゲンの分泌量が増え続けます。
肌がみずみずしくなり、ハリもたかまり、ニキビもできにくくなります。

 

生理前

 

排卵後の数日は、プロゲステロンの分泌量が増えるので、
ニキビやむくみなどの肌トラブルに悩まされることが多くなります。
シミもできやすくなります。
肌を清潔にすること、保湿をしっかりすることを中心としたケアをしましょう。